Python Install for Ubuntu

pyenvの環境構築

pyenvは、複数のPythonのバージョンを管理できるコマンドラインツール、特定バージョンしか正しく動かないて、環境構築に苦労することは、コレて解決!

まず必要なパッケージをインストールする必要。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install -y git build-essential libssl-dev language-pack-id

pyenvのレポジトリから、ホームディレクトリ下の.pyenvディレクトリにクローン。

$ git clone https://github.com/yyuu/pyenv.git ~/.pyenv

こうすることで、$HOME/.pyenvにレポジトリがクローンされる。

では、次にpyenvに必要な環境変数を設定していきましょう。今後もシェルの起動時に環境変数が設定されるように~/.bash_profile~/.bashrc * などのシェルの設定ファイルに以下のコマンドで変数定義のコードを追加。

$ echo 'export PYENV_ROOT="$HOME/.pyenv"' >> ~/.bashrc
$ echo 'export PATH="$PYENV_ROOT/bin:$PATH"' >> ~/.bashrc
$ echo 'eval "$(pyenv init -)"' >> ~/.bashrc

* シェルの環境がbashではなく、zshであれば~/.zshrcなど環境に合わせて設定ファイルが違うので注意しましょう。

設定ファイルを再読込するためにも、シェルを再起動。

$ exec $SHELL

関連記事

  • https://ups.edu2web.com/2018/10/18/caffe1-install/
  • https://ups.edu2web.com/2018/10/20/tensorflow1-install/

Python with VS Code

VS Code install

  1. ウェブページを開く
    https://code.visualstudio.com/ 
  2. Visual Studio Code」の「 ダウンロード」をクリック.※ Linux 版, Mac 版が欲しいときは「さらに詳しく」をクリック
  3. ダウンロードした .exeファイルを実行する.

Pythonスクリプトを書いてみる

  1. Documentsの下にPythonというフォルダを作る。
  2. VS Codeのメニューから「フォルダを開く」を選択し、1で作成したフォルダを指定する。
  3. 同じくメニューから「新規ファイル」を選択し、hello.pyなどのファイル名を付ける。拡張子から自動的にpythonスクリプトと認識される。
  4. VS Codeから、勧めExtensionsが表示され、好みでインストールする。
  5. 何か適当なコードを書く。
hello.py
if True:
    print('Hello world')
  1. VS Codeのターミナル(開いてなければメニューから「新規ターミナル」を開き)で実行する。
ターミナル
/Users/chen/Documents/C >  python hello.py
Hello world

これで最低限、pythonを快適に編集できるようになった。

 

Python Install for Raspberry Pi

インストール

cd /home
sudo apt-get update
sudo apt-get install python-pip python-dev build-essential

関連記事

  • https://ups.edu2web.com/2018/11/13/pi-machine-learning-1-setup/
  • https://ups.edu2web.com/2018/10/21/scikit-learn1-install/
  • https://digilib.edu2web.com/2017/05/19/raspberry-pi-6-nokia-5110-lcd/
  • https://digilib.edu2web.com/2018/09/18/raspberry-pi-9-waveshare-2-13inch-e-paper-hat/

 

Python Install for MacOS

Macでは標準でPythonがインストールされています。ですが、標準でインストールされているPythonは、ややバージョンが古い、という問題があります。

pyenv」というツールを用いて、「3系」のPythonをインストールする方法を順に学習していきます。

インストール手順

  • 「Homebrew」をインストールする
  • 「Homebrew」を用いて「pyenv」をインストールする
  • 「pyenv」を用いてPythonをインストールする

「Homebrew」をインストール

 

「pyenv」をインストール

$ brew install pyenv

Pythonをインストールする

 

関連記事:

  • https://ups.edu2web.com/2018/10/20/tensorflow1-install/

Python Install for Windows

Pythonのインストール方法はたくさんあり、公式サイトからのダウンロードする、OS付属のパッケージを利用、そしてpyenvやAnaconda等パッケージを利用する。

Pythonを単体でインストール

  1. Python.orgのダウンロードページからPython 3系の最新バイナリ(今回は3.7.1)をダウンロード
    Windowsインストーラー版なら、pipも一緒に入る。
  2. インストール時にPATHを追加してしまうと楽。
    最初の画面で、「Add Python 3.7 To Path」を選択しておくと、pythonコマンドにpathが通る。
  3. インストーラーの最後に、Windows 10から260文字のファイルパス長の上限を解除できるようになったので、それを解除(Disable path length limit)するか聞かれ、長いファイルパスになりうるか必要に応じて解除してください。

複数バージョンのPythonを同居

pyenv

Anaconda