Python Install for Ubuntu

pyenvの環境構築

pyenvは、複数のPythonのバージョンを管理できるコマンドラインツール、特定バージョンしか正しく動かないて、環境構築に苦労することは、コレて解決!

まず必要なパッケージをインストールする必要。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install -y git build-essential libssl-dev language-pack-id

pyenvのレポジトリから、ホームディレクトリ下の.pyenvディレクトリにクローン。

$ git clone https://github.com/yyuu/pyenv.git ~/.pyenv

こうすることで、$HOME/.pyenvにレポジトリがクローンされる。

では、次にpyenvに必要な環境変数を設定していきましょう。今後もシェルの起動時に環境変数が設定されるように~/.bash_profile~/.bashrc * などのシェルの設定ファイルに以下のコマンドで変数定義のコードを追加。

$ echo 'export PYENV_ROOT="$HOME/.pyenv"' >> ~/.bashrc
$ echo 'export PATH="$PYENV_ROOT/bin:$PATH"' >> ~/.bashrc
$ echo 'eval "$(pyenv init -)"' >> ~/.bashrc

* シェルの環境がbashではなく、zshであれば~/.zshrcなど環境に合わせて設定ファイルが違うので注意しましょう。

設定ファイルを再読込するためにも、シェルを再起動。

$ exec $SHELL

関連記事

  • https://ups.edu2web.com/2018/10/18/caffe1-install/
  • https://ups.edu2web.com/2018/10/20/tensorflow1-install/

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *