Variables and Types

変数と型


Pythonは完全にオブジェクト指向であり、「静的に型付け」されていません。使用する前に変数を宣言したり、型を宣言する必要はありません。Pythonのすべての変数はオブジェクトです。

このチュートリアルでは、いくつかの基本的な種類の変数について説明します。

番号

Pythonは2種類の数をサポートします – 整数と浮動小数点数。(これは複素数もサポートします。このチュートリアルでは説明しません)。

整数を定義するには、次の構文を使用します。

myint = 7
print(myint)

 

浮動小数点数を定義するには、次の表記法のいずれかを使用します。

myfloat = 7.0
print(myfloat)
myfloat = float(7)
print(myfloat)

 

文字列

文字列は、一重引用符または二重引用符で定義されます。

mystring = 'hello'
print(mystring)
mystring = "hello"
print(mystring)

 

この2つの違いは、二重引用符を使用するとアポストロフィを簡単に含めることができるという点です(これに対して、一重引用符を使用すると文字列が終了します)。

mystring = "Don't worry about apostrophes"
print(mystring)

 

代入は、このように同じ行にある「同時に」複数の変数に対して行うことができます。

a, b = 3, 4
print(a,b)

 

課題

この課題の目標は、文字列、整数、および浮動小数点数を作成することです。文字列には名前を付けmystring、 “hello”という単語を含める必要があります。浮動小数点数には名前を付けてmyfloat10.0の数を入れ、整数には名前を付けてmyint20の数を入れなければなりません。

参考

https://www.learnpython.org/en/Variables_and_Types

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *