Basic Operators

基本オペレータ


この節ではPythonで基本的な演算子を使う方法を説明します。

算術演算子

他のプログラミング言語と同じように、加算、減算、乗算、除算の演算子を数値と共に使用できます。

number = 1 + 2 * 3 / 4.0
print(number)

答えがどうなるかを予測してみてください。Pythonは操作の順番に従いますか?

利用可能な別の演算子は、除算の整数剰余を返すモジュロ(%)演算子です。配当率%divisor =剰余。

remainder = 11 % 3
print(remainder)

2つの乗算記号を使用すると、べき乗の関係になります。

squared = 7 ** 2
cubed = 2 ** 3
print(squared)
print(cubed)

文字列で演算子を使用する

Pythonは、加算演算子を使った文字列の連結をサポートしています。

helloworld = “hello” + ” ” + “world”
print(helloworld)

Pythonは、文字列を繰り返して連続する文字列を形成することもサポートしています。

lotsofhellos = “hello” * 10
print(lotsofhellos)

リストでの演算子の使用

リストは加算演算子で結合することができます。

even_numbers = [2,4,6,8]
odd_numbers = [1,3,5,7]
all_numbers = odd_numbers + even_numbers
print(all_numbers)

文字列の場合と同様に、Pythonは乗算演算子を使用して繰り返しシーケンスで新しいリストを作成することをサポートします。

print([1,2,3] * 3)

演習課題

この課題の目標は、x_listand という2つのリストを作成することです。y_listこれらのリストには、それぞれ変数xandの10個のインスタンスが含まれていますy。あなたはとも呼ばれるリストを作成するために必要とされているbig_list変数が含まれ、xそしてyあなたが作成した二つのリストを連結して、10回ずつ。

x = object()
y = object()

# TODO: change this code
x_list = [x]
y_list = [y]
big_list = []

print("x_list contains %d objects" % len(x_list))
print("y_list contains %d objects" % len(y_list))
print("big_list contains %d objects" % len(big_list))

# testing code
if x_list.count(x) == 10 and y_list.count(y) == 10:
    print("Almost there...")
if big_list.count(x) == 10 and big_list.count(y) == 10:
    print("Great!")

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *